佐保多について

佐保多のこだわりや歴史について、​ご紹介させていただきます。

そば・うどん佐保多

 政多屋製麺所は、明治二十年ごろに川崎市多摩区で創業いたしました。

現在の中山駅前の地には、大正十二年に移ってきました。

それ以来現在まで同地で麺類を製造し続けております。

そば・うどん佐保多は、平成十九年五月に製麺所に隣接する地に開店いたしました。

近隣のお客様に支えられ現在まで営業を続けられております。

だわり
129990689_204314557827034_90399866992481

製麺所直営のため、季節・天候になどに応じ、日々微調整しながら製造しております。また、時に特殊な材料で、自らの好みに合った麺類も製造しております。例えば、当店提供の中華麺には、デュラム・セモリナ粉や全粒粉、モンゴルかん水を用いた特製麺を使用しております。

IMG_0859.jpg

おつゆには特にこだわりをもっております。

もり汁用のかえしには、巽醤油濃口(梶田商店)、三州三河みりん(角谷文治郎商店)、洗双糖(鹿北製油)、赤ワインビネガー、かけ汁用のかえしには、巽醤油淡口、三州三河みりん、洗双糖、白ワインビネガーを使用しております。

もり汁のだしは、鰹厚削り、サバ厚削り、羅臼昆布、かけ汁のだしは、サバ厚削り、羅臼昆布、干椎茸(宮崎など国内産)でとった一番だしのみを使用し、化学調味料無添加で作っております。

 



佐保多では、厳選した「本物」の調味料を使用しております。

screenshot.321.jpg
image1 (4).jpg
image0 (6).jpg
image1 (2).jpg
image1 (3).jpg

「本物」の調味料

> わさび

伊豆天城産 本わさび
​カネヤマ園(静岡)

> 砂糖

種子島産​洗双糖
鹿北製油(鹿児島)

> みりん

三州三河みりん
角谷文次郎商店(愛知)

> 醬油

巽醤油
梶田商店(愛媛)

> とろろ芋

加賀丸いも
​JA根上(石川)

横浜市麺業協同組合が昭和五十一年に出した「創立20周年記念誌」。この中に組合員二十六社がプロフィールを載せていますが、政多屋製麺所が一番古く創業明治三十五年となっています。今は、創業明治二十年となっていますが、この辺の正確な数字は曖昧なようです。
なお、初代がこの本の中で紹介されています。

その中身を紹介します。

「明治の横浜業界を語るに際し忘れることの出来ぬ人がいる。その人の名は政田屋(ママ)佐保田三郎兵衛氏である。

​横浜最古の製麺所

screenshot.270.jpg

麹町に店を持っていたが、本職の腕もさることながら、実に頭のよい人だったらしい。特に専門の教育を受けた訳ではないが、機械関係については天才的な閃きを持っていた。

現在、業界の殆どが使用している製麺機は、明治二十一年(1888) 三月、佐賀県出身の真崎照郷が特許を取得し、明治三十年頃から全国的に普及したと言われているが、殆ど時を同じくして佐保田氏も製麺機を考案していたという。(中略)

佐保田氏は明治時代の業界の先駆者として、横浜の業者が大いに誇りうる人物であったと言える。」

 

今の中山で開業したのは大正十二年です。

screenshot.266.jpg

佐保多の歴史